スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光硬化パテを使ったレリーフ風造形

光硬化パテを使ったレリーフ風なもの
模様を印刷すれば3Dプリンターを使わなくてもまるでデジタル造形のような仕上がりになります。


1、白抜きで造形したい模様を印刷する。白い部分がにパテが残ります

2、光硬化パテを塗る。塗った後上から紙を押し付けるとパテが平らになります。

3、裏からブラックライトで照らします。100円ショップなどに売っているライトを照らすと文字が浮き上がるペンのものですね。

4、慎重に溶剤で拭き取り、プラバンを貼ります。
あとは型取りすればレリーフ風な造形はできます。
Bgl_iXiCcAAzQ8J.jpg


模様を造形するのが苦手、タイトルや版権プレートを作りたいときなどにどうぞ。


自分が使っている光硬化パテです(ライトは違うのですが)ライトを使えば硬化時間が約10秒と早いので素早いパテ埋めに最適です。
欠点としては値段が高いこと、食いつきがよくないことですね。
(値段が高いのは時間をお金で買っていると思えば悪くはないと思います)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kandaikazuchi

Author:kandaikazuchi
模型・フィギュア中心に活動をしていくつもりです。
リンクはご自由に。

twitter
amazon
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Flag Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。