スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗料の種類

模型用塗料には大きく分けて3種類があります。
今回は模型店で手に入りやすいものを紹介します。


ラッカー系塗料
おそらく模型用塗料としては一般的な種類ではないのでしょうか。(厳密にはホームセンターなどにあるラッカーとは違う)
代表的なのはMrカラーやガイアカラーです。
塗膜が強い。乾燥が速い。エアブラシで吹き付けやすいなどのメリットがありますが一方で強烈な臭いや隠蔽力が低い、筆塗りしにくいなどのデメリットもあります。

ただし乾燥が速いということはムラになりやすいということですし、隠蔽力が低いのも重ね塗りで微妙な色合いを出すのにも使えますし、一概にはできません。(ガイアカラーは割と隠蔽力がありますが)


エナメル系塗料
代表的なのはタミヤエナメルやハンブロールカラーで灯油っぽい臭いがします。
乾燥が遅いのでムラになりにくく、筆塗りに適しています。どちらかというと細かい部分の塗装に使います。
それとエナメル系は化学反応で硬化するためドライヤーなどを当てても乾燥を早めることはできないです。


アクリル系塗料
アクリル塗料にも二種類がありますが今回はタミヤアクリルや水生ホビーカラーなどのアルコール系のほうを紹介します。(ファレホやリキテックスなどのいわゆる水性アクリル系の絵の具もある)
臭いもアルコールっぽい臭いでラッカーと比べれば弱いですし、隠蔽力が低いですが塗膜が弱いです。
それを利用してわざと塗装のはがれを表現する技法もありますが、こすれただけではがれてしまうので作業は慎重におこなったほうがよいです。


      乾燥  塗膜  隠蔽  臭い
ラッカー 速い  強い  弱い  強烈
エナメル 遅い  弱い  弱い  独特
アクリル 中間  最弱  強い  少し

このほかにもアクリル絵の具や油絵具などの塗料も使うこともありますし、そのほかに様々な塗料があるかもしれません。
いろいろ試してみて、一番使いやすい塗料を探し求めてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kandaikazuchi

Author:kandaikazuchi
模型・フィギュア中心に活動をしていくつもりです。
リンクはご自由に。

twitter
amazon
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Flag Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。