スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負傷

腰を負傷してしまい作業がしばらくストップしてしまうことに
一週間治らなかったらヘルニアだそうです

バリ取りなどの簡単な作業はできるのですが腰を曲げることができないので歩くのもままならない状態に・・・
スポンサーサイト

ヴィニエイラ様 塗装終了

image4.jpg
image3.jpg
image2.jpg
image1.jpg
ForestNotesさんのたかはし さん原型のヴィニエイラ様のガレージキットを組んでみました。
ディフォルメでパーツも少なく組みやすかったキットです。

ヴィニエイラ様 仮組み

ForestNotesさんのヴィニエイラ様(原型師 たかはし 様)のガレージキットを仮組みしました
ディフォルメされた状態ですのでパーツは細かいですが組みやすいキットです。

ちょっと自分でつけたパーツの角度がずれているので直してからプライマー吹いて塗装ですね。

JPG.jpg

山善(YAMAZEN) 食器乾燥器 YD-180(LH)

山善(YAMAZEN) 食器乾燥器 YD-180(LH)山善(YAMAZEN) 食器乾燥器 YD-180(LH)
()
山善(YAMAZEN)

商品詳細を見る


本来は食器乾燥機なのですが、amazonのレビューがほとんど模型関係なのが面白いです。
その通りでパーツの塗装時に乾燥を早めさせたりパテの硬化促進をしたりいろいろと使えます。制作スピードが早くなればその分完成も早まり机の上に作品が増えます。
ただ入れるだけでも当然ながらホコリよけの機能もありますね。塗装面にホコリが入ってしまうと削ってやり直しになってしまいますので。

また食器も乾燥できます。


エポキシパテの特徴(個人的な意見)

木部用エポキシパテ



硬化がかなり早い(10〜30分)で硬化しますので素早い造形や芯の制作に便利です。
ただし硬化が早い分表面は荒めに仕上がり、硬化してもしばらく弾力を持ってしまっているのでナイフは通りやすいのですが。ヤスリがけはしにくいと思います。

タミヤエポキシ(速硬化)



速硬化と書いてありますが他社のエポキシパテと比べて硬化時間は遅い方です。硬化に6時間かかります。
ただその分表面は滑らかに仕上がり、加工もしやすい固さになります。
あまり溶剤でならしすぎると硬化後弾力性を持ちますが。
また引っ張ってもちぎれにくいので細かいモールド作りにも向いています。

ウェーブエポキシパテ


硬化は3時間ほどで切削性もよくスタンダードなエポキシパテですが、パテ盛りの食いつきが弱いのが欠点です。(それを利用するという手もありますが)
イエローとグレーの二種類の色があります。グレーはサーフェイサーの色に近いので表面の状態が見やすいです。

ウェーブ ミリプット


水で溶けることをうたっていますが水につけてしまうとボソボソになってしまいます。(普通のエポパテも溶剤で溶けます)
あまり評判もよくありません。

クレオス エポパ


ウェーブのエポキシパテの食いつきをよくしたもの。といったところでしょうか。
硬化も3時間ほどと標準的なパテです。若干ちぎれやすい気もしますが。
超軽量タイプは切削生重視にしていて若干もろいので、高密度タイプを混ぜてコントロールするとよいでしょう。

デューロ

ミリタリーフィギュアに詳しい人はよく海外の方が使っているパテなのでご存知かと思います。
溶剤に溶けやすいのでうまくコントロールすればヤスリがけの手間が省けますが硬化後に結構弾力があるので硬化後の加工はあまり向いていません。
上級者むけのパテといえるでしょう。

ここで挙げた以外にもいろいろな種類のパテがあるのでいろいろ試してみるのもよいでしょう。
またエポキシパテは様々な種類を混ぜてMIXできますので自分の使いやすいパテを作るのも面白いです。


光硬化パテを使ったレリーフ風造形

光硬化パテを使ったレリーフ風なもの
模様を印刷すれば3Dプリンターを使わなくてもまるでデジタル造形のような仕上がりになります。


1、白抜きで造形したい模様を印刷する。白い部分がにパテが残ります

2、光硬化パテを塗る。塗った後上から紙を押し付けるとパテが平らになります。

3、裏からブラックライトで照らします。100円ショップなどに売っているライトを照らすと文字が浮き上がるペンのものですね。

4、慎重に溶剤で拭き取り、プラバンを貼ります。
あとは型取りすればレリーフ風な造形はできます。
Bgl_iXiCcAAzQ8J.jpg


模様を造形するのが苦手、タイトルや版権プレートを作りたいときなどにどうぞ。


自分が使っている光硬化パテです(ライトは違うのですが)ライトを使えば硬化時間が約10秒と早いので素早いパテ埋めに最適です。
欠点としては値段が高いこと、食いつきがよくないことですね。
(値段が高いのは時間をお金で買っていると思えば悪くはないと思います)

本申請完了

IMG_0543.jpg
IMG_0554.jpg
IMG_0563.jpg
ワンフェス用の時津風は(とりあえず)申請できるような状態になりましたな...?

シチュエーションは提督の写真と勲章を置いて 「最期の時、彼女が選ぶのは愛か?名誉か?」みたいなのが表現できればいいかなと まあちょっと悲惨かなと思ったので少しでも和らげるよう片目を閉じてかわいさ要素をつけました

WF本申請に向けて。

tokitsukaze.jpg
image1.jpg

次回のWFも「ふみふみロック」様に委託という形で艦これの時津風をガレージキットで出したいと思います。
艦これの場合10/15の本申請までに「原型が完成」してないとだめなので仕事の合間を縫ってなんとか形に仕上げています。
服装的には中破の状態ですね。

現在はパテで服の盛りつけの段階ですが果たして間に合うのか・・・?

ダイオラマパーフェクション―戦車模型情景製作完全読本

ダイオラマパーフェクション―戦車模型情景製作完全読本ダイオラマパーフェクション―戦車模型情景製作完全読本
(2010/09)
吉岡 和哉

商品詳細を見る


アーマーモデリングで連載していた吉岡和哉氏のダイオラマ(ジオラマ)の作り方の指南書です。
車両の塗装からフィギュアの塗装や改造方法、汚しのやり方やグラウンドワークまで完璧なダイオラマの作り方が載っています。
ダイオラマではストーリー作りも重要なのですが、氏の作品は必ず「どうしてこれがこうなってる?」「長い間座っていたからズボンのシワも多くつくだろう」などの’理由’があります。
説明できない天才型タイプの人間とは違う氏が書いておりますのですべてが計算し尽された作品をきっとあなたもわかりやすく簡単に作れるはずです。
プロフィール

kandaikazuchi

Author:kandaikazuchi
模型・フィギュア中心に活動をしていくつもりです。
リンクはご自由に。

twitter
amazon
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Flag Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。